ワキガとストレスの関係

ストレスはワキガの症状を悪化させます。社会生活を営んでいる限り、ストレスを完全に回避しきることは不可能ですが、なるべくストレスを溜め込まないようにするのが症状改善のコツです
人間は過剰なストレスに晒され続けると自律神経の働きが乱れてきます。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類がありますが、通常はこの2種類の神経がバランス良く働いています。自律神経は、人間が生きていくために必要な身体機能の働きを調整する神経ですので、自分の意思とは無関係に働いています。しかし、ストレス等の影響を受けやすく、交感神経が優位に働きすぎてしまうと、汗の量が異常に多くなってしまったりします。
発汗には体温調節という大切な機能がありますので、汗を完全に止めてしまうことには問題があります。しかし、過剰な発汗はワキガの悪臭を助長させる原因になります。ですので、ストレスをうまく発散させて規則正しい生活を心がけるようにすると、ワキガの症状が軽減されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>