ワキガの真相

ワキガは、ワキの下にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺などから分泌されている汗が常在菌によって分解されて特有の臭いを発すると言われています。

アポクリン腺はワキの下だけではなく、乳暈や陰部などにも存在していますがホルモンなどの影響もあり思春期以降に臭いも強くなるようです。ワキガの治療方法の中には、切開をしない治療方法としてレーザーを利用したものがあります。マイクロレーザー方法とボトックス注射を合わせた治療方法は、キズを残すことなく治療することができるようです。

レーザー治療は毛根に照射することで、わきがや多汗症の治療の他にも脱毛効果も得ることができると言われています。アポクリン腺やエクリン腺にレーザ照射をして、汗腺を破壊することで効果を実感することができるようです。治療は短時間で終了することができますので、お忙しいという方でも気軽におこなうことができ、治療後はすぐに帰宅することができると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>