飲酒とワキガって関係あるのかな?かな?

飲酒をするとワキガの悪臭がひどくなります。それは、アルコール中毒患者のように常習的に飲酒している人だけに限られた症状ではありません。ワキガの症状を持つ人が飲酒すると、そのアルコールによって体内で生成された物質が全て排出されるまでの間、一時的にワキガの臭いが強くなります。
お酒を飲むと、体内に取り込まれたアルコールは肝臓で分解されてアセトアルデヒドになります。このアセトアルデヒド自体、かなり有名な臭気成分なのですが、このアセトアルデヒドが分解される過程で産出される活性酸素も悪臭を作り出す原因になります。活性酸素はその名が示す通り強力な酸化作用を有しているのですが、この活性酸素の働きによって過酸化脂質が生成され、それからも悪臭が発生します。また、アセトアルデヒドが分解されてできる酢酸も悪臭の原因になりますので、必然的にワキガの臭いが強くなってしまうのです。さらに、飲酒によって発汗量がアップしますので、ワキガの症状が増長されることになります。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/insyu/insyu_bassoku.htm

http://www.sapporobeer.jp/tekisei/kenkou/susume.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>