タグ別アーカイブ: ワキガの原因

ワキガとストレスの関係

ストレスはワキガの症状を悪化させます。社会生活を営んでいる限り、ストレスを完全に回避しきることは不可能ですが、なるべくストレスを溜め込まないようにするのが症状改善のコツです
人間は過剰なストレスに晒され続けると自律神経の働きが乱れてきます。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類がありますが、通常はこの2種類の神経がバランス良く働いています。自律神経は、人間が生きていくために必要な身体機能の働きを調整する神経ですので、自分の意思とは無関係に働いています。しかし、ストレス等の影響を受けやすく、交感神経が優位に働きすぎてしまうと、汗の量が異常に多くなってしまったりします。
発汗には体温調節という大切な機能がありますので、汗を完全に止めてしまうことには問題があります。しかし、過剰な発汗はワキガの悪臭を助長させる原因になります。ですので、ストレスをうまく発散させて規則正しい生活を心がけるようにすると、ワキガの症状が軽減されます。

ワキガの真相

ワキガは、ワキの下にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺などから分泌されている汗が常在菌によって分解されて特有の臭いを発すると言われています。

アポクリン腺はワキの下だけではなく、乳暈や陰部などにも存在していますがホルモンなどの影響もあり思春期以降に臭いも強くなるようです。ワキガの治療方法の中には、切開をしない治療方法としてレーザーを利用したものがあります。マイクロレーザー方法とボトックス注射を合わせた治療方法は、キズを残すことなく治療することができるようです。

レーザー治療は毛根に照射することで、わきがや多汗症の治療の他にも脱毛効果も得ることができると言われています。アポクリン腺やエクリン腺にレーザ照射をして、汗腺を破壊することで効果を実感することができるようです。治療は短時間で終了することができますので、お忙しいという方でも気軽におこなうことができ、治療後はすぐに帰宅することができると言われています。

飲酒とワキガって関係あるのかな?かな?

飲酒をするとワキガの悪臭がひどくなります。それは、アルコール中毒患者のように常習的に飲酒している人だけに限られた症状ではありません。ワキガの症状を持つ人が飲酒すると、そのアルコールによって体内で生成された物質が全て排出されるまでの間、一時的にワキガの臭いが強くなります。
お酒を飲むと、体内に取り込まれたアルコールは肝臓で分解されてアセトアルデヒドになります。このアセトアルデヒド自体、かなり有名な臭気成分なのですが、このアセトアルデヒドが分解される過程で産出される活性酸素も悪臭を作り出す原因になります。活性酸素はその名が示す通り強力な酸化作用を有しているのですが、この活性酸素の働きによって過酸化脂質が生成され、それからも悪臭が発生します。また、アセトアルデヒドが分解されてできる酢酸も悪臭の原因になりますので、必然的にワキガの臭いが強くなってしまうのです。さらに、飲酒によって発汗量がアップしますので、ワキガの症状が増長されることになります。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/insyu/insyu_bassoku.htm

http://www.sapporobeer.jp/tekisei/kenkou/susume.html

まずはワキガの基礎知識を知りましょう

ワキガとは腋臭症とも呼ばれていますが、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因となって強い臭いを発することを言います。

ワキガの臭いはさまざまなものに例えられることがありますが、運動時などにかくエクリン腺からの汗の臭いとは異なる特有の臭いだと言われています。

アポクリン腺分泌物は、衣類に黄色くシミを作ることがあります。アポクリン腺からの分泌物自体は無臭だと言われていますが、その汗が皮膚状に分泌されると皮脂腺からの脂肪分やエクリン腺からの汗と混ざることが関係しています。

これらと混ざって皮膚やわき毛の常在している細菌によって分解されて、腋臭臭を発する物質が生成されると言われているようです。

一般的には、腋臭臭が発生してくるのは思春期以降からだと言われています。ワキガなのかどうかを診断するためいは、アポクリン腺を確認するために切開したりする方法があります。また、耳あかが湿っている場合は、耳の中にあるアポクリン腺が原因で体にもアポクリン腺が多いと言われています。