タグ別アーカイブ: 改善方法

食生活でワキガを改善!

ワキガとは、脇から強い臭いを発する症状で、腋臭症と呼ばれています。この症状は臭いが強いため、どうしても周りの目が気になり、誰にも相談出来ずにいらっしゃる方も少なくありません。さらに精神的に悩んでしまう方もいらっしゃいます。しかし、この腋臭症は、食生活の改善や、制汗剤などを上手く利用することで、臭いを軽減させることが可能なのです。もちろん、根本的な治療ではありませんので、完全に治すということではありませんが、普段通りの日常生活を楽しむ事が出来るのです。
まず、この腋臭症は動物性タンパク質、動物性脂質、乳製品、香辛料、アルコール類を控える事により、発汗を抑え、臭いを軽減することが出来ます。理想的な食事は日本食です。植物性のタンパク質や炭水化物などを上手に取り入れる事で、体内環境も整える事が出来、臭いが抑えられます。他にも出来るだけ、身体を清潔な状態に保ち、制汗剤やデオドラント商品を上手く利用することです。香水などは香りにより、ワキガの臭いと混ざり、さらに臭いを強くしてしまうこともあるため、注意が必要です。

 

ワキガの真相

ワキガは、ワキの下にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺などから分泌されている汗が常在菌によって分解されて特有の臭いを発すると言われています。

アポクリン腺はワキの下だけではなく、乳暈や陰部などにも存在していますがホルモンなどの影響もあり思春期以降に臭いも強くなるようです。ワキガの治療方法の中には、切開をしない治療方法としてレーザーを利用したものがあります。マイクロレーザー方法とボトックス注射を合わせた治療方法は、キズを残すことなく治療することができるようです。

レーザー治療は毛根に照射することで、わきがや多汗症の治療の他にも脱毛効果も得ることができると言われています。アポクリン腺やエクリン腺にレーザ照射をして、汗腺を破壊することで効果を実感することができるようです。治療は短時間で終了することができますので、お忙しいという方でも気軽におこなうことができ、治療後はすぐに帰宅することができると言われています。

簡単にワキガを改善する方法

ワキガを自宅で簡単に改善する方法をご説明します。
ワキガは汗が酸化することで出てくる匂いです。そのため酸化を防げば、発生も防がれます。
酸化を防ぐには、ビタミンCが有効です。ビタミンCには抗酸化作用があるのです。バナナをカットするとその切り口が茶色くなりますが、レモン果汁をつけると変色を防ぐことができます。この変色は酸化によるもので、レモン果汁には抗酸化作用のあるビタミンCが豊富に含まれているので、つけると変色しなくなるというわけです。
汗もそれと同じで、レモン果汁をつけることで酸化しなくなります。そのためレモンを輪切りにしてワキに挟んだり、果汁を塗ったりすると、たちまちワキガは少なくなります。またカットしたレモンを湯船に浮かべてから入浴すると、ビタミンCが肌の内部に浸透していきます。入浴中は血行が良くなるので、その分ビタミンCがしっかり体内を循環するようになり、ワキの表面だけでなく奥深い部分にも、抗酸化力を与えてくれます。
レモンだけでなくリンゴでも効果がありますし、リンゴ酢や黒酢でも同様の効果が得られます。